ドレスコード

はじめて船旅お役立ち講座 ドレスコード

オシャレにキメるもよし、スマートに着崩すもよし。

クルーズ旅でいちばん質問が集中するのはドレスコード。
あまり、堅苦しく考えすぎず、知性を感じさせる大人の装いが大事です。

夕刻以降の服装の指針がドレスコード。クルーズ旅の非日常空間を船全体で楽しむためのマナーだ。ドレスコードの基本は「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」の3タイプ。その日のコードは、毎日客室に届く船内新聞に書かれている。特にプレミアム以上の船では、ルールに合わせたファッションを抑えておきたいものですね。

ただ、船によってスタイルは異なり、最近ではコードを軽めに設定する船も増えている。フォーマルを廃止したり、おしゃれなカジュアルを提案したりと対応は各社さまざま(詳しくはトラベルワールドオカノのスタッフまでお尋ねください)。新たなカテゴリーを表す呼び名も登場している。代表的なところでは「エレガント・カジュアル」をリージェントセブンシークルーズや、シーボーン・クルーズラインで、「スマート・カジュアル」をプリンセス・クルーズやセレブリティクルーズで採用。どちらも「堅苦しくないオシャレ」がトレンドです。

せっかくの特別な機会だから、地味なスタイルで気後れするよりハジけてみるのもおすすめ。自分の好みにあった船を選び、その雰囲気にあったオシャレを楽しみましょう。

フォーマル

披露宴に招かれたときのような、華やかなスタイル&小物を選びたい。船ごとにスタイルは異なるが、ぜひ、ファッションを楽しむ気持ちで。

)イブニングやカクテルドレスなら完璧。ドレッシーなツーピースでもOK。
)タキシードで完璧にキメるのもよし、ダークスーツ+タイでもよし。

本格的なドレスアップを楽しむならキュナードラインで、ドレスコードはフォーマルかインフォーマルのみです。フォーマルナイトにはタキシード率が8割超えで壮観です。

インフォーマル

ホテルのダイニングに行くときのような少しエレガントなドレスアップを。船によっていろいろな呼び名があるが、型にハマりすぎないオシャレが人気。

)ワンピースでもスーツでも、華やかさが感じられる装いがグッド。
)スーツ+シャツにネクタイかチーフでアレンジを。ブレザーも素敵。

カジュアル

船によって雰囲気は異なるが、装いの幅が広く、制約はほとんどなし。とはいえディナー時なので、清潔感と個性的な遊び心があれば素敵。

)せっかくのディナーだから、小物を加えてオシャレ感を演出しよう。
)襟のあるシャツや長ズボンが無難。ジーンズも白なら、よりスマート

デイタイムのファッションは着心地よく爽やかに

日中は肌触りのいい天然素材のカジュアルウェアが基本。色合いは海に映える白をベースに、思い切ってカラフルな色味を取り入れればバカンス気分が盛り上がるはず。

クルーズオシャレ達人からのワンポイントアドバイス

クルーズオシャレ達人からのワンポイントアドバイスクルーズの楽しみは寄港地観光と船内の施設を満喫すること。世界遺産や街の散策、地元ならではの食。乾燥した空気、夏の強い日差し、室内の空調を考えて薄手の羽織りやサンバイザー、サングラスをお持ちになると便利です。世界遺産や博物館、街の歩道は案外足元が悪く歩きにくいことが多いのでスニーカーやフラットシューズでお出掛け下さい。終日航海日は失礼にならない程度のリラックススタイルで船内のアクティビティを体験。日中はカジュアルなスタイルで寄港地観光や船内の施設を楽しんで、一休み。自分の中のスイッチを切り替え、エレガントなワンピースで夜のお食事前のカクテルを手にすれば気分も上がり会話も弾みます

船旅企画

運営会社 : 有限会社トラベルワールドオカノ

本社営業所 : 茨城県常総市大生郷新田町1番地

営業時間 : 平日 10:00 – 19:00 / 土・日 10:00 – 17:00

電話番号 : 0297−20−4747

FAX番号 : 0297−20−4801

ページ上部へ戻る