にっぽん丸

細やかな気遣いと遊び心があふれる美食の船

食への徹底したこだわりから、美食の船とよばれるにっぽん丸。食材は旬の最高のものを使うため、ときには寄港地で仕入れることもある。クルーズのテーマに合わせて考え抜かれ、丁寧に手作りされる繊細な料理の数々は、アイデアや遊び心が満載。世界一周クルーズでも同じメニューは出さなかったというメニューの多彩さで、ロングクルーズでも飽きさせることなく、乗るたびに新鮮な感動を与えてくれる。コンソメも一から手作りするという真摯な姿勢と進取の精神が、さらに新しい美食を生み出し続けている。

忘れえぬ味の数々

オーシャンダイニング「春日」で夕食時に必ず味わえるのは、口の中でとろけるローストビーフ。毎朝楽しみなのは、焼き立てが並ぶパンや長年守り継がれてきたカレー。大人気のゴディバのショコリキサーやにっぽん丸特製ハンバーガー、ルピシアと共同開発したモーニングティーなど、また食べたくなる定番の味が、にっぽん丸には数多い。

往年の名船から受け継いだ品格漂う洗練空間

日本船のなかで最も小さいけれど、一番の歴史を誇る船にっぽん丸。そのルーツは昭和14年(1939)に竣工し、南米航路で活躍した豪華客船「あるぜんちな丸」だ。その名を引き継いだ2代目「あるぜんちな丸」が改装して「にっぽん丸」と名前を変えて、日本初のクルーズ客船として運航を開始したのは昭和47年(1972)のこと。現在のにっぽん丸は3代。2010年の大改装で、伝統の香りを残しつつ、最新設備の船に生まれ変わった。

手を抜かないサービス

飛鳥Ⅱが一流ホテルにたとえられるのに対し、にっぽん丸は、老舗の名旅館に例えられることが多い。「手をかける、手を抜かないのがにっぽん丸のサービス」と語るのは、ゼネラルマネージャーの川の恵一郎さん。食欲がない乗客へお粥をキャビンに届けるといった細やかさは、にっぽん丸のよさ。何事にも手をかける姿勢は、寄港地でのイベントやツアー、船内イベントの質の高さにも結び付いている。

伝統ともてなしの心がうれしい花毛布

デラックス以上のキャビンのベッドの上で目を引くのが、伝統のオブジェ花毛布。毎日キャビン係がベッドメーキングの際に予備の毛布を折りたたみ、ひとつひとつ作る。モチーフとなるのは松竹梅や珊瑚、クジャクなど、花や風景、動物などで、にっぽん丸で110年以上にわたって受け継がれてきたもてなしの心を感じさせてくれる。

おひとり様の子連れも満足

6室あるデラックスシングル(13㎡)はひとり旅に最適。ファミリーにおすすめは2018年7月29~30日の「夏休みにっぽん丸ファミリークルーズ~横浜/清水~」。グループ3(コンフォートステートを3名1室利用の場合)のみ子ども代金が大人1名分の代金の50%(2歳以上小学生以下)になる。

情報満載!かもめ課長のブログ

にっぽん丸のキャラクター「かもめ課長」が、臨場感あふれる写真とともにクルーズライフのあれこれや寄港地の様子などを綴る「かもめ課長のブログ」。パンフレットやホームページではわからない生きた情報が満載だ。にっぽん丸やクルーズを深く知ることができる。

https://www.nipponmaru.jp/kamome-blog/

にっぽん丸
就航年 1990年(2010年改装)
船籍 日本
総トン数 2万2472トン
全長 166.6m
全幅 24m
喫水 6.6m
速度 最高21ノット
最大乗客数 524人
クルー 230人
デッキ数 9階
客室 202室
ベランダ付き比率 13%
バスタブ比率 17%
レストラン数 2
バー数 6
ルームサービス あり
商船三井客船

第2次世界大戦から「あるぜんちな丸」や「ぶらじる丸」などを運航していた大阪商船(後の商船三井)が、昭和38年(1963)年に日本移住船(株)を設立し、南米航路の5隻の所有権を移管。昭和45年(1970)に社名を商船三井客船(株)に変更。現在はにっぽん丸のみを運航している。

船旅企画

運営会社 : 有限会社トラベルワールドオカノ

本社営業所 : 茨城県常総市大生郷新田町1番地

営業時間 : 平日 10:00 – 19:00 / 土・日 10:00 – 17:00

電話番号 : 0297−20−4747

FAX番号 : 0297−20−4801

ページ上部へ戻る